つむじはげを治したい20代女性・方法が知りたい

つむじ禿げ

今や20代の女性でもつむじはげで悩んでいる人も多いようです。

20代ではげてしまったら、この先の人生はお先真っ暗な気がして仕方がありません。

女性のつむじはげは男性とはちょっと違っていて、女性ホルモンの関係と生活習慣によるものが原因としてあげられます。

20代のうちに早めに改善をして、残りの人生を楽しく髪を気にしない状態で暮らしたいものですね。

スポンサーリンク

まだ20代なのに…

20代の薄毛に悩む女性

女性でも40才を過ぎたあたりから徐々に髪は薄くなり始めます。

特につむじの辺りは、誰が見ても明らかに薄くなっているとわかるぐらいになってしまうことでしょう。

しかし最近では20代でもこのつむじはげに悩まされている女性も多くなってきていて、おしゃれを楽しみたい年頃なのにつむじはげが気になって、外出するのも少なくなってしまう可能性もあります。

ひきこもる

特に多いのがFAGA(女性男性型脱毛症)です。

男性のAGAとは少し違うのですが、びまん性脱毛症とも呼ばれていて、最終的には頭皮頭全体が薄くなってしまう可能性がある女性特有の症状です。

このびまん性脱毛症の初期の状態がつむじはげが目立ち始めることなのです。

そもそもなぜ最近20代の女性がつむじはげに悩まされているのか…。

それは男性と同様に女性もストレスを抱えたり、睡眠不足、アルコールをたくさん飲んだりするようになってきたからでしょう。

ストレス

びまん性脱毛症は女性ホルモンも深く関係していて、ホルモンバランスが崩れ、女性でも持っている男性ホルモンの方が優位にたってはげ始めてしまうのです。

女性ホルモンの乱れはやはり、ストレスや睡眠不足アルコールなどでホルモンバランスが崩れてしまいます。

良質な睡眠

20代ならばまだ改善の余地はあり、女性ホルモンを多く分泌できる環境に身を置くことです。

生活習慣を見直してみてください。

ストレスの解消法を見つけたり、睡眠不足はお肌の敵にもなるので、しっかりと睡眠を取り、浴びるほどお酒を飲まないようにした方が良いでしょう。

スポンサーリンク

他には原因はないの?

他に原因はないかな

びまん性脱毛症意外にもつむじはげになる原因は他にもあります。

20代といえばおしゃれに敏感な時期なのでカラーやパーマなどを頻繁に繰り返す人も多いことでしょう。

カラーやパーマ

これはつむじはげの原因となることもあります。

カラーやパーマなどをすると頭皮が毛根がダメージを受けてしまい、特につむじ部分は薄いので、てきめんにはげてしまいます。

またパーマやカラーなどをしていなくてもスタイリング剤を毎日使っている場合、毛穴にスタイリング剤が残ってしまい髪の毛の成長の妨げとなります。

他にはポニーテールを毎日していたりエクステなどをつけてヘアアレンジを楽しんでいると牽引性脱毛症とは言われる髪を引っ張るが為にはげてしまう症状もあります。

ポニーテール

牽引性脱毛症の場合は常に髪を引っ張るタイプのヘアアレンジをするのではなく、とにかく引っ張られる状態から髪を解放してあげましょう。

これだけでもだいぶ変わってきます。

それと若い女性にありがちな短期間で痩せようと食べないダイエットをするのは大変危険なことです。

短期間のダイエット

当然体も壊しますが、人間の体は良く出来たもので生命維持をするために、必要のところから順番をつけて、少ない栄養素を送り届けるのです。

髪の毛は生命維持にはあまり必要ないところなので、かなり後回しになってしまいます。

食べないダイエットは確かに短期間で痩せますが、目標を達成したからと普通に食べ始めるとリバウンドもしてしまいます。

食事の量をいつもよりを抑えめにして、間食をなくし少しでもカロリー消費のために体を動かすようにするようにすれば、ストレス発散にもなりますし髪の毛にも栄養が行き届くようになります。

少しお金に余裕があるのであれば植毛も

お金

実家暮らしでお金を使う所がないので貯金はたまる一方という人であれば、自毛植毛という手もあります。

20代女性で植毛と言うとちょっと腰が引けてしまいますが、つむじはげにあまりにも悩まされてしまっている場合自毛植毛をオススメします。

かつらとは違い自然な感じで自分の髪の毛を植毛するので、はげが進行しにくい場所から髪を持ってきて植毛します。

上手くいけばメンテナンスいらずで半永久的に生えた状態のままなので、つむじはげとはおさらばできます。

しかし値段が高額なので、相当お金に余裕がある場合のみ検討してみてください。

まとめ

20代女性

20代女性でつむじはげを治したい場合は、びまん性脱毛症の可能性も視野に入れ、規則正しい生活をし、あまり髪を引っ張るようなヘアアレンジをしないようにしてみてください。

対処が早ければ早いほど、悩みは少なくなりますよ。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。