ザスカルプ5.0Cの成分

育毛剤や発毛剤を選ぶときってCMのイメージやネットの口コミなんかで選んでいませんか?

薄毛にはいろんな症状があり原因も千差万別です。

自分の髪がどのような状態で、どのような原因で薄くなってしまったのかある程度確認してから育毛剤や発毛剤を選ぶべきで、ただやみくもに選んでしまうと無駄なお金と時間を費やしてしまいます。

そんなときに参考になるのが育毛剤や発毛剤に使われている成分と効果ですよね。

参考記事:髪の毛が生える仕組み
     プロペシアはIGF-Ⅰを正常にして薄毛を改善する

ひょっとしてあなたは育毛剤の成分を確認したことが無いのでは・・・

今後は必ず育毛剤や発毛剤の成分とその効果を確認してから選んでくださいね。

そこで育毛剤や発毛剤の成分とその効果について掲載したので参考にしてください。

スポンサーリンク

目次表示位置

頭皮の血流を良くする成分

髪は血液により運ばれてきた栄養分で毛根の細胞分裂により成長してくるので、血流が滞れば毛根は栄養不足になり細胞分裂が低下してしまいます。

それが原因で薄くなる場合は血流を良くする働きのある成分が必要になります。

●ミノキシジル
●センブリエキス
●セファランチン
●エビネエキス
●ニンニクエキス
●イチョウエキス
●塩化カルプロニウム
●ヒキオコシエキス
●トウキエキス
●酢酸トコフェノール
●ニコチン酸アミド
●ニンジンエキス

スポンサーリンク

男性ホルモンを抑制する成分

男性ホルモンによる薄毛(AGA)は、男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼと呼ばれる酵素によりDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる強力な男性ホルモンに変換され脱毛することで発症します。

これを抑える働きのある成分が女性ホルモンで、副作用を抑えるために配合量が制限されています。

遺伝性の薄毛や体毛の濃い人に効果が期待できます。

●フィナステリド
●エチニルエストラジオール
●オウゴンエキス
●スピロノラクトン
●ジエチルスチルベストロール
●テアリン酸ポリオキシエチレンソルビタミン
●ジアルキルモノアミン誘導体
●ヒオウギエキス
●アセチルテトラペプチド-3
●アカツメクサ花エキス
●キナエキス
●オオバナサルスベリエキス

参考記事:AGAで脱毛する仕組み
     フィナステリドが効かない人とは

皮脂の分泌を抑制する成分

皮脂の分泌が多すぎて頭皮がべたつく人に向いています。

ただし、シャンプーのし過ぎで必要な皮脂まで落とすと、頭皮が自らそれを補うために過剰な皮脂を分泌させようとしている可能性もあるので、まずはシャンプーの洗浄力や回数を一度見直して正しいシャンプーを心掛けてからに

した方が良いでしょう。

●ビタミンC
●塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)
●グリチルリチン酸ジカリウム
●レシチン
●カシュウエキス
●オドリコ草エキス
●イオウ
●オキナワモズクエキス
●ワカメエキス
●アマモエキス
●チオキソロン
●ユニトリエノール

スポンサーリンク

フケを抑える成分

薄毛の兆候ともいえるフケは雑菌の繁殖を招き発毛を阻害することにもなります。

フケを止めて頭皮を清潔に保つための成分です。

●ミコナゾール硝酸塩
●レゾルシン
●ビタミンE
●グリチルリチン酸ジカリウム
●イソプロピルメチルフェノール
●サリチル酸
●イオウ
●ジンクピリチオン
●ケトコナゾール

参考記事:フケが出る原因はシャンプー?

毛母細胞を活性化する成分

髪の成長には毛母細胞の分裂が欠かせません。

それには新陳代謝を高めて、毛母細胞の分裂を活性化してやる必要があります。

髪のコシや薄毛、細毛を感じてきた人に向いています。

●ペンタデカン酸グリセリド
●ビオチン
●トチバニンジン
●ローヤルゼリーエキス
●チクセツニンジン
●ニンニクエキス
●ジオウエキス
●クロレラエキス
●トレオニン
●アデノシン
●アルニカエキス
●塩化カルプロニウム

スポンサーリンク

まとめ

育毛剤や発毛剤の成分とその効果についてまとめてみましたが、育毛剤や発毛剤のパッケージの裏に書いてあるので必ず確認してから購入するようにしましょう。

ただ闇雲に育毛剤や発毛剤を使用しても効率の良い育毛や発毛はできませんからね。

まずは自分の薄毛がどのようなタイプなのかを確認するために専門医に診てもらった方が絶対に良いです。

育毛には最低でも半年~1年の長い期間でしか判断することができません。

また効果があった育毛剤でも長く使っていると効果が無くなってしまうものもあります。

そうなった場合は本来健全な髪の状態ではなかったのを、無理やり育毛剤や発毛剤でもたせていただけで自分に合っている育毛剤や発毛剤では無かったことになります。

もちろん体調が優れなかったり無意識にストレスが溜まったりしていることも考えられるため、原因を特定することは難しいかもしれませんが、基本的には正しい生活習慣で健康体であることを心掛けたうえで育毛・発毛に取り組

んでください。

そう考えると育毛剤や発毛剤の成分は慎重に確認して自分に合ったものを選びたいでよすね。

ちなみに当ブログでおススメしているザスカルプ5.0Cのパッケージには、多くの成分が書かれていますが、血行を良くする成分や皮脂の分泌を抑制する成分など、複合的な

効果が期待できるのが分かりますが、主な効果は男性ホルモンの働きを抑制する成分である「アセチルテトラペプチド-3」と「アカツメクサ花エキス」を合わせた「キャピキシル」と呼ばれる成分です。

キャピキシルはミノキシジル誘導体と呼ばれ、ミノキシジルの3倍の発毛効果が期待され、しかも副作用が無いことで評判になっています。

他にもキャピキシルを使用した育毛剤は複数発売されていますが、量と価格で比較したらザスカルプ5.0Cが最もお値打ちなので使用しています。

使用し始めて2ヶ月経ちましたが、以前なら帽子をするとペちゃんとなっていたのが、今では帽子を脱いでも元通りになっているくらい髪のコシが強くなった感じがしてきて効果を実感しています♪

まだ発毛までには至っていませんが、今後が楽しみです!(^^)!

参考記事:育毛剤の正しい使用法とは
     5αリダクターゼを抑制する食べ物