女性型AGA

40代の女性となると子育てや仕事、家事など、何かと忙しくもありストレスも溜まる時期でもあると言えますよね。

そんな時、鏡に映った自分の髪の毛がいつもと違った感じになっていることに気が付きませんか?

生え際がモヤっとしてきた
ボリュームが無くなった
分け目が広がった

など・・・

実は40代の女性の間で薄毛に悩む悩む人が急増しているんだそうです。

実際に「知恵袋」のようなQ&Aサイトでも40代女性の薄毛に関する質問が多いのが分かります。

40代といえば女性ホルモンの分泌に変化が訪れる年齢でもあり、それに伴う薄毛の進行もあるかもしれません。

ここでは40代女性の薄毛について調べてみたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

女性ホルモンの低下で髪にコシやツヤが無くなる

ツヤのある髪の毛

若いころのしっとりしてツヤツヤだった女性の髪も、40代になると殆どがパサ付き易く、ツヤも無くなりますよね。

これは女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少して髪の毛にコシやツヤが無くなるからです。

エストロゲンは髪のヘアサイクルの中で「成長期」の期間を長くする働きがあり、髪の毛の成長には重要なホルモンです。

そのエストロゲンが減少すれば髪の毛にボリュームが無くなったりコシやツヤが無くなることもある意味当然のことなのです。

またエストロゲンはストレスにも影響を受けやすいと言われています。

ストレスはエストロゲンの分泌を司っている「視床下部」や「脳下垂体」に悪影響を与えてホルモンバランスを乱す原因となります。

特にストレスは血管を収縮させる働きがあるので血流を悪くして髪の毛に栄養が届き難くなります。

30代からの体の変化

更年期

女性の体はある年齢になると「更年期」と呼ばれる時期が訪れます。

これは30代のころには安定していた女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌に変化が起こって身体の弱いところに支障をきたす「更年期障害」に襲われます。

更年期障害には個人差があり、重症化する人もいれば更年期を知らずに通り過ぎる40代の女性もいるそうです。

身近の話ですが、私の母が48歳から喘息に罹ったことがあり、子供の頃の気管支炎が元で弱った部分に影響を受けたのではと主治医が教えてくれました。

このように女性ホルモンは40代後半から分泌量が変化することにより身体の弱い部分に悪影響が現れるのだそうです。

しかし私の姉はは60歳を過ぎましたがこれといって更年期障害は現れませんでした。

なので更年期障害には個人差があるものと考えられます。

スポンサーリンク

更年期の原因

閉経

更年期とは女性特有の期間なのですが、女性には「閉経」という現象がありますよね。

閉経とは生理が無くなり妊娠できなくなるわけですが、更年期の最終段階が閉経ということで、これを支配しているのが女性ホルモンのエストロゲンです。

エストロゲンは卵巣から分泌されていますが、40代に入ると少しずつ卵巣の機能が低下して最終的に分泌がストップしてしまうわけです。

平均すると約5年間で少しずつ生理が無くなってくるそうですが、この時期に様々な障害が現れます。

イライラ
発汗
のぼせ
目眩
倦怠感
腰痛
肩こり
手足の冷え
などの症状が多く、

いずれ女性の高齢者に多い骨粗鬆症となっていきます。

このように様々な症状が更年期障害として現れるわけですが、それと同時に髪の毛にも悪影響が現れます。

更年期障害になればそれだけでも血液が滞りがちになり、髪の毛へ届けられるの栄養も不足がちになります。

というのも、栄養は生命維持の仕組みにより優先順位があり、髪の毛には余った分しか送られないからです。

ただでさえ栄養が届けられにくい髪の毛に更年期障害でさらに届けられにくくなれば髪の毛が栄養不足になるのも頷けますよね。

またエストロゲンには血管を拡張して血流を良くする働きがあるので、エストロゲンが減少するということは血流が悪くなり髪への栄養補給が滞るのに拍車がかかるというわけです。

女性ホルモンの減少で女性男性型脱毛症に

ホルモンバランスの乱れ

女性でも男性の10分の一くらいは男性ホルモンが分泌されています。

女性でも僅かな男性ホルモンでバランスがとれているわけですが、身体に生えている陰毛や体毛はホルモンのバランスが大きく関わっているのです。

更年期になると女性ホルモンの低下によりホルモンバランスが乱れて男性ホルモンの働きが表面化します。

これが女性型AGA、所謂「女性男性型脱毛症」と呼ばれている現象です。

つまり更年期に女性ホルモンが減少することにより男性のように頭髪が薄くなることが少なからずあるということです。

女性ホルモンを補う

イソフラボン

このように女性は更年期になると女性ホルモンの分泌が低下しますが、人間の体はよく出来ているもので、しだいに身体はそれに慣れてきます。

つまり女性ホルモンが減少してもそれに対する働き方を身体が勝手に整えてくれるというわけです。

なので、女性が40代になって髪が薄くなっても急激に進行することは考えにくく、いずれは歳相応の髪の状態に落ち着くとされています。

ただし、ここで慌てて不安になりストレスをためたりおかしな薬を飲んだりすればかえって薄毛を加速させるかもしれません。

まずはシャンプーや育毛剤など換えてみたり、食事や生活習慣に気を使うなどをした方が無難だと思います。

当ブログでおススメしているベルタ育毛剤なら女性に優しい成分が原料として使われていますし、シャンプーなら.N (ドットエヌ) ボリュームアップシャンプー&トリートメントがおススメです。

またウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で血流を良くするのも有効ですし、頭皮のマッサージも並行して行うことで薄毛を改善させることも可能です。

女性ホルモンの分泌を促す食べ物

女性ホルモンの減少による薄毛に効果的なのが大豆イソフラボンです。

というのも大豆イソフラボンの構造式がエストロゲンに似ているからです。

構造式が似ているということは働きも似ているということになるので、大豆イソフラボンはエストロゲンの代わりにもなるという考え方です。

なので大豆を原料にした食べ物や飲み物がおススメです。

その食べ物や飲み物とは

豆腐
納豆
豆乳
きな粉
味噌

など

これって和食中心ということですよね。

やはり日本人は和食の方が体質に合っているということかもしれませんね。

若いころのようなしっとりしてツヤのある髪を目指して毎日の食卓に並べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク