サラサラのロングヘア

サラサラなら何も悩まなくていいじゃん!と世の中の人は言いますが、髪の毛がサラサラしすぎてる人にとっては大問題なのです。

みんながコテで可愛く巻いているのに、自分だけどうしても巻きがついてくれない…。

美容室に行ってパーマをかけて帰ってきたら元に戻ったしまった…。

サラサラすぎるのも、厄介なのです。

羨ましい悩みとブーイングが出そうですが、サラサラすぎて困っている方に、可愛くなれるアレンジ紹介します。

スポンサーリンク

とりあえず1度パーマをかけに行こう!

パーマをかけている女性

サラサラの髪の毛で悩んでいる方の多くが直毛だと思います。

特にコシが強いと、髪の毛を縛っているだけで、するするとゴムが落ちてしまいます。

とりあえず1度パーマをかけに行きましょう。

おそらくパーマをかけてもすぐに取れてしまうと思いますが、髪質を説明してちょっと強めにかけてもらってください。

パーマを少し強めにかけてもらうことで、コテで巻きやすくなりまし、ストレートに戻したかったらブローするだけで元に戻ります。

パーマをかけることにより、そのままの髪の毛よりも断然扱いやすくなりますよ。

サラサラの髪の毛にコテを使ってクルクルにしたい!

コテで髪をくるくるにしている女性

サラサラの髪の毛の方にとっては永遠の憧れのクルクルの巻き髪ですが、ただコテで巻いただでは絶対にクルクルにはなりません。

良くて毛先がちょっとカールするぐらいでしょうか。

クルクルにしたい場合は、コテで巻いた髪の毛をそのまま手の上にそっと巻いた状態をキープしつつの乗せ、ケープなどハードタイプのものを使って固めてしまいましょう。

ハードタイプの整髪スプレー

ガッツリ固まるタイプではなく、ふんわり感を出したまましっかりと固まるものを選んでください。

しばらくはこれでクルクルが保てますが、1日中外出していると、だんだん元に戻ってきます。

外出先にはハードタイプのワックスを持ち歩き、崩れ始めたらワックスを髪の毛に塗って指などに巻きつけてクルクルに戻してください。

スポンサーリンク

可愛い髪型にしたいんだけど出来ない…

不器用な女性

髪の毛がサラサラでなおかつ手が不器用の方もいらっしゃると思います。

不器用だとコテを巻くのも上手くいかず、朝からイライラするだけで結局いつもと同じ髪型になってしまいます。

そんなサラサラで不器用な方はくるりんぱでアレンジすると可愛く見えます。

ただし髪の毛に何もつけないまま、くるりんぱをしたところで作業しているそばからすぐ崩れていきます。

必ずくるりんぱをするあたりの髪の毛にワックスを揉みこんでください。

シリコン製のゴム

それと髪の毛を縛るゴムは太ゴムではなく、100均で売っているシリコン製のゴムを使うようにしましょう。

髪が絡みにくいうえにサラサラの髪の毛でも取れにくいのが特徴です。

まずワックスを揉みこんだ髪の毛をシリコンゴムで、頭の上の方で縛り、くるりんぱをします。

上の方で髪の毛を結ぶことにより、ボリューム感がアップしたように見えます。

シリコンゴムでのヘアアレンジ

後はこなれてる感を出すように、少しずつ髪の毛を崩すように引き出してください。

ふわっとこなれてる感が出たら、最後にまたケープを使い髪の毛を固めてください。

後は可愛いバレッタなどをつけて飾り付けすれば、いつもと違った雰囲気に出来ますよ。

シリコンゴムでのヘアアレンジ完成

髪の毛がサラサラのロングの場合、サイドでまとめてくるりんぱをすることにより、上品なイメージに仕上がりますが、肩よりちょっと長めぐらいの長さだと、どんなに固めても確実に髪の毛が落ちてきてしまいます。

自分の髪の毛の長さを把握して、くるりんぱを作る位置を決めましょう。

簡単だけど可愛く見えるポニーテール!

ポニーテール

一般的にポニーテールはひと束にまとめて上の方で結びますが、サラサラの髪の毛の場合ひと束と崩壊の危険があります。

なのでシリコンゴムを使い、上と下で2段に分けて結びましょう。

最終的には上の段の髪の毛の束とまとめるのですが、必ずまとめている部分から髪の毛がパラパラと落ちてきてしまいます。

最後はケープで固めましょう。

ケープで固めているポニーテールの女性

ゴムだけだとスポーティなイメージが強いので、バナナクリップを使って結び目を隠すようにするとちょっとおしゃれに見えますよ。

まとめ

OKを出している女性

羨ましい悩みなのかもしれませんが髪の毛サラサラの場合、本当にアレンジが難しいのです。

ただやり方によってはアレンジ出来ないわけではないので、時間のある時にいろいろ挑戦してみてください。

スポンサーリンク