女性にモテない

若ハゲで悩んでいる人の最終手段として、坊主にすることもできますが、若ハゲ坊主は本当に女性にモテないのでしょうか?

モテないなら今まで通り残り少ない髪の毛を大切にしたほうが女性は受け入れてくれるのでしょうか。

1度坊主にしてしまうと伸びるまでに時間がかかるので、かなり慎重に悩んでみましょう。



      Sponsored Link

若ハゲ坊主でモテない訳

若禿げ

これは坊主の度合いによるのではないでしょうか?

朝会社に来てみたら突然スキンヘッドの人がいた…。

スキンヘッドにする潔さは認めますが、女性から見ると、やはり完全なスキンヘッドの坊主は怖くて近寄りがたい存在となってしまいます。

スキンヘッドの坊主の人はモテない理由としては、やはり見た目が怖いということから友達に彼氏として紹介しづらくなってしまうので、敬遠されがちとなってしまいます。

スキンヘッド

性格がとっても良くても、第一印象は大切なので当然かっこいい彼氏を紹介したいですよね。

でも女性は恋愛と結婚は別と考えています。

当然現在付き合っているかっこいい彼氏と結婚したいと思うのは女性というものですが、かっこいいだけでは生活していけません。

恋愛ではかっこいい彼氏を連れて歩きたいけれども、結婚を前提に考えているのであれば一生の問題なので性格や経済力なので判断します。

経済力

たとえスキンヘッドだろうが坊主だろうが、性格が良かったりお金持ちだったりすれば、付き合う彼氏としては選ばれにくいですが、結婚して幸せをつかむことは可能です。

それでも若ハゲ坊主でもやっぱり彼女が欲しい

彼女

結婚するまで彼女がいないなんて寂しい生活を送るのも辛いでしょうから、若ハゲで坊主でもなんとかモテる方法を探してみました。

①AGAクリニックに通って脱若ハゲを目指す!

女性にモテるには圧倒的に髪の毛フサフサの方が強いです。

自力でフサフサにできないのであれば、お医者さんに頼ってモテる男を目指すのもアリでしょう。

②スキンヘッドではなくバリカン使用で!

スキンヘッドだとどうしても近寄りがたい印象になってしまいますが若ハゲでもモテ坊主のスタイルは存在します。

坊主
https://beauty.hotpepper.jp

サイドはかなり短く2ミリ のバリカンで刈りあげ、トップはサイドよりやや長めに刈りあげ、ついでにカラーもしてしまえば、坊主は坊主でもモテ坊主になれます



      Sponsored Link

③常に清潔第一!

若ハゲだからモテない…坊主だからモテない…その考え少し間違っています。

女性から見て若ハゲがマイナス要素であればバーコードハゲよりも坊主の方が清潔感があって、多少プラスの方向に動きます。

脇汗が臭う

それに加えやはり体臭など気にして制汗剤を常に持ち歩く事や、特に夏場は気をつけたい脇汗ですが、これにはとても気を付けたいものです。

脇汗を止める薬も販売されていますが、脇をこまめに拭くと脇の臭い原因である細菌増殖を防ぐことができます。

若ハゲ坊主でも常に顔に浮いている皮脂を拭いたり、臭いに気を付けたりすることによって好感度は上がります。


GATSBY(ギャツビー) フェイシャルペーパー 徳用 42枚

結構、清潔感のある坊主は恋愛対象として見る女性も多いのですよ。

④常におしゃれ心を忘れない!

若ハゲで坊主だから服装はジャージでいいや!なんて思っていると本当にモテなくなってしまいます。

たとえ坊主だとしても、おしゃれを忘れない心を持っていないといけません。

おしゃれ

だからといって毎回毎回新しい服を買っていると「金遣い荒そう…」と見られて恋愛対象からやや外れてしまいます。

当然この時点で金遣いの荒い坊主とは結婚は考えられません。

いかにセンスよく着こなすか研究をする姿勢が大切なのです。

若ハゲ坊主と言うコンプレックスを受け入れる勇気

若禿げ

女性はコンプレックスでグジグジしている男性を嫌う傾向にあります。

自分が若ハゲだとしっかり受け止め、ハゲを必死に隠している方が女々しく見えてしまう原因となるのです。

頑張って残っている髪の毛で作り上げた髪型を見ても女性としては潔さを感じないはずです。

外見なんかに捉われず自分をしっかり持って生きている、若ハゲ坊主の方が断然女性からモテるのです。

まとめ

前向きな若ハゲ

ハゲで坊主にするとモテないと言うのは、完全にスキンヘッドにしてみた目が怖い場合や清潔感の感じられない男性、いつまでも自分は若ハゲだからとクヨクヨしているなど、そのようなことでモテないわけです。

若ハゲ坊主でもモテる人はいるので、モテるモテないの差は上記であげた問題をクリアしているかどうかなのではないでしょうか。



      Sponsored Link