赤色LEDの薄毛改善効果

これまで照明に用いられていた蛍光灯や電球に替わり、寿命が長く電力消費の少ない照明として開発されたLED。

ただ価格が高いのと、実際の使いごこちが未知数であることもあって普及率はイマイチのようです。

しかし育毛業界はLEDに注目しているようです。

それはLEDの光に発毛効果があるかもしれないことが報告されているからです。

スポンサーリンク

最近ではLEDを利用した発毛レーザーブラシが複数発売されていますが、実際にモニターに対する実験でも発毛効果が得られたという報告もあり、がぜんLEDの育毛効果に注目が集まっているようです。

いったいどうしてLEDの光に育毛効果があるのか?

これまでの白熱灯では育毛効果は無いのか?

LEDの育毛効果について調べてみました。

LEDが皮膚科の治療にも利用されている

現在多くの皮膚科がLEDを利用して治療を行っているようで、ある皮膚科ではLEDの光を一回につき20分を月に2~3回程度照射するだけで効果が得られるそうです。

もちろん熱さや痛み、腫れも生じないので患者に負担がかからず画期的な治療法として評判のようです。

効果としては真皮のコラーゲンを作り出す細胞が活性化するとのこと。

シワや毛穴の開きが解消するとのことで、特に女性にとっては治療力後でも化粧が出来ると好評のようです。

ただ、保険適用外のようでけっこう高額な費用が設定されていました。

LED治療の全てが保険適用外ということでもないようで、一部の皮膚科では保険適用で治療が受けれれるようです。

赤色のLEDに治療効果

これまでLEDの驚異的な治療効果があることが確認されています。

たとえば傷を治したり筋肉を増強したりすることが出来るだけでなく、糖尿病の合併症である網膜症の治療で視力が回復した例など、今やアメリカ航空宇宙局(NASA)や病院でも臨床試験が行われているくらいです。

ただ何故LEDがこうした効果があるのかメカニズムが分かっておらず研究者の間でも意見が分かれているそうです。

その中でも意見が一致しているのが赤色のLEDに治療効果があることだそうです。

スポンサーリンク

LEDは全ての細胞を活性化

カツラメーカーのアデランスが行った実験によると、独自に開発したLED照射装置で、赤色のLEDを男性モニター10人の頭皮に一回につき20分間を週に1~3回を3~8カ月にわたって照射させたところ、ほぼ100%に何らかの効果が見られたとのこと。

つまり赤色LEDを照射した全ての患者において薄毛の改善が見られたということです。

その時の画像がコレ

  ↓↓↓

アデランスの臨床試験

アデランスによれば、理由は分からないが、赤色LEDには間違いなく毛母細胞を活性化させる働きがあると考えているようです。

また毛母細胞だけでなく全ての細胞を活性化させる働きがあるということです。

つまりLED治療による傷の治療や網膜症の改善などは、細胞が活性化して改善したものと思われます。

緑や青のLEDでも一定の効果がある

LEDは植物の成長を促すことはすでに分かっていて、事実、都会の屋内工場でLEDを照射したレタスがすでに市場にも出回っています。

聞くところによれば、LEDを照射した野菜はその色によって成長速度が早まったり、栄養価が高まったりとこれまで太陽光だけに頼って栽培していたのがLEDでさらに効率よくしかも栄養価の高い野菜が出来るようになったとか。

野菜の栽培だけでなく、緑のLEDは肌を再生、青のLEDは歯のホワイトニングといったことにも使用されているようで、赤色のLEDが薄毛解消に効果的なのは説得力がありますよね。

以上LEDの育毛効果についてまとめてみましたが、これまでいろんなアイテムを使用してまったく効果が得られなかった私にとっても、LEDの育毛効果はかなり期待できるものと思われます。

現在ネットを中心に売られているLEDブラシは薄毛に悩む人にとって“救世主”になるかもしれませんね。

ただし、LEDブラシはそれなりの価格なので経済的に厳しいと感じる方もいるかもしれませんが、長い年月高価な育毛剤ザスカルプ5.0Cを使い続けることを考えればかえって安くつくかもしれませんよ。

スポンサーリンク