頭皮のできもの

ある日ふと頭皮に触れてみるとちょっとした痛みを感じたことありませんか?

頭皮のできものって痛いものから痛くないもの、かゆいものなど、様々ですが、殆どの方が放置しておくと思います。

しかしこれが将来取り返しのつかないことになったとしたら・・・

そうです、頭皮のできも乗って癖の悪いものがあるみたいなんですよ!

「あの時正しい対処していたら今頃フサフサの髪を自慢出来ていたのかも」って後悔することになるかもしれません。

そんなことにならないようにでき物を見つけたら正しい対処をしておきたいものですよね。

ここでは頭皮のでき物をどうしたらいいのか調べてみたのでご紹介します。

スポンサーリンク

頭皮の痛いできものは洗髪に問題あり

洗髪

頭皮のできものが痛いのはニキビのようなものが殆どです。

ニキビというと顔にしかできないと思いがちですが、実は毛穴のある場所なら体中どこでもできることがあり、腕やお腹にもできることがあります。

特に頭皮は顔の皮膚と繋がっていてしかも近いところにあるためニキビが出来やすいのです。

ニキビといえば触らないことが重要との認識がありますよね。

これは頭皮のニキビも同じことで極力触らないようにしましょう。

間違っても爪でひっかいたりしないように、シャンプー時には指の腹でマッサージするようにつぶれないように心がける必要があります。

また、毛穴の奥にある毛包に菌が入り込んで炎症を起こす「毛嚢炎」と呼ばれる疾患がありますが、これもニキビに似た症状で放置しておいた方が無難です。

いずれにしてもこうしたできものが出来るのは毛穴が詰まる習慣が指摘されており、日頃の間違ったケアが原因と考えられます。

皮脂の落とし過ぎでできものができる

洗い過ぎ

日頃頭皮を清潔に保とうと皮脂を徹底的に取り除くことが重要とばかりに洗浄力の強いシャンプー剤を使用したり、1日に何度もシャンプーをする人がいます。

しかし、皮脂を根こそぎ落とすことは頭皮を丸裸にすることになりよけいに雑菌が繁殖し易い環境にしてしまい、結果としてできものが発生し易い環境になってしまいます。

そもそも頭皮を覆っている皮脂はバリアの役目をしていて、雑菌だけでなく紫外線からも頭皮を守ってくれているのです。

また頭皮を取れば取るほど皮脂はよけいに分泌されることになりますます皮脂が増えてしまうことになってしまいます。

スポンサーリンク

シャンプーは刺激の少ないアミノ酸シャンプー

もし頭皮に痛いできものを感じたら、頭皮ケアを見直すかシャンプーを低刺激に変更することをお勧めします。

というのも頭皮のバリア機能のある皮脂を取り過ぎるか、あるいは残っていて毛穴に詰まることでできものが発生することがあるからです。

また頭皮をゴシゴシと擦るような洗い方は皮脂を取り過ぎたり頭皮を傷つけたりすることがあるので優しくマッサージをするように洗いましょう。

シャンプー剤を直接頭皮に付けるのもNGです。

必ず泡立ててから頭皮に付けると刺激を少なくすることになるので。

泡立て用のアイテムもあるので試してみるのも良いでしょう。

刺激の少ないシャンプーなら、当ブログでおススメしている.N (ドットエヌ) ボリュームアップシャンプー&トリートメントが良いですよ♪

世界でも認められたオーガニックシャンプーとして評判です。

頭皮のできものを予防する習慣

皮膚科

頭皮のできものはできることなら予防したいですよね。

間違いないのは皮膚科に診てもらうことですが、それほど大げさに考えたくないですよね。

頭皮のできものって生活習慣でもできることがあるんだそうです。

その習慣とは次のようなもの

栄養のバランス

シャンプーの仕方によっては皮脂の分泌が過剰になりできものの原因になりますが、肉ばかりといった栄養バランス悪い食事はも皮脂の分泌過剰を招きます。

脂肪分や糖質の多い食事は避けるようにして、できれば野菜中心の食事を心がける必要があります。

十分な睡眠

睡眠不足はホルモンバランスを崩して皮脂の分泌が過剰になることがあります。

特に夜10:00~2:00の4時間はゴールデンタイムと呼ばれ成長ホルモンが大量に分泌される時間帯です。

この時間帯に熟睡していると成長ホルモンが分泌されることで、ホルモンバランスを整える働きがあり、必要以上の皮脂が分泌されることが無いと考えられえています。

頭皮のニキビ予防だけでなく髪の毛のためにもホルモンバランスを整えるのは重要なポイントになるので、日頃から十分な睡眠を心がけるようにしましょう。

整髪料は使わない

整髪料は頭皮の炎症の原因になったり毛穴を詰まらせる原因になることがあります。

頭皮には個人差があり、整髪料によっては肌に合わず荒れてしまうこともあります。

その結果かぶれたりニキビとなって痛みを生じることになります。

皮膚が強い人なら使用しても問題ありませんが、弱い人は極力整髪料の使用は避けたほうが良いでしょう。

シャンプーは夜寝る前に

頭皮を清潔に保つことはできものの予防に重要な要素なのですが、朝シャンをしていると頭皮のバリア機能が無いまま外出することになるのでシャンプーは夜寝る前にしたほうが良いでしょう。

というのも皮脂は洗髪してから1~2時間くらいかけて少しずつ頭皮を覆ってバリア機能を果たすようになっています。

その時間帯に寝ていれば外からの刺激が極力少ないことになるので頭皮は守られることになります。

シャンプーは1日一回で十分です。

寝癖を直したり整髪を考えてどうしても朝洗髪したいのなら、シャンプーは使用せずにぬるま湯だけで洗髪するようにすれば必要な皮脂が落ちることなく頭皮を守ってくれます。

参考記事:朝シャンは髪に悪い

以上頭皮のできもの予防方法をまとめてみましたが、これでも頭皮に痛みを伴うできものが出来るのなら一度皮膚科に診てもらった方が良いでしょう。

スポンサーリンク